ウェブメールのメリット|今後の会社運営はファイル共有が重要な要素になります

企業でウェブメールを安全に使用するために

ウェブメールのメリット

郵便受け

ウェブメールとは何か

ウェブメールとは、メールの機能やファイルをパソコンのサーバー上に保存できるメールサービスのことです。ウェブメールは一種のファイル共有のようなものであり、ネットが繋がるパソコンやタブレットさえあればブラウザ上でメールの閲覧ややり取りが可能です。メリットとしては、データが全てオンラインで保存されるため、パソコン内にデータを蓄積させないことです。また、IDとパスワードさえ知っていればどのパソコンでも閲覧が可能だというのもウェブメールのメリットといえます。

メールソフトとの違い

よく混同されるのが、メールソフトです。実はウェブメールとメールソフトは大きな違いがあります。メールソフトの場合、インストールした端末でしかメールの閲覧ができないため、別のパソコンで閲覧することはできません。しかし、ネットに接続できなくても過去のメールの確認をすることができ、パスワードなどの面倒な入力も初回のみで済みます。他にも、サービス中止のリスクもないため、長らくメール内容を保存するということではメールソフトのほうが優れています。

どちらを使用するか

ウェブメールとメールソフト、どちらにも一長一短あり、どちらが良いのかというのは一概にはいえません。しかし、利便性を考えた場合、ウェブメールのほうがメールソフトよりも有利な面は多いです。どんな端末でも閲覧が可能なため、タブレットからでもメールが確認できるので素早くメールのやり取りが出来るというのは大きなアドバンテージになります。機能面ではメールソフトのほうが高性能なことも多いですが、近年では高性能なウェブメールのサービスも有り、その差は徐々になくなりつつあります。

ウェブメールを利用する場合

メールサービスをウェブメールを使う場合、注意しなければならないのが、情報の流出です。どんなパソコンでも使用できるため、漫画喫茶などのパソコンでウェブメールのサービスを使った場合、そこから情報が漏れてしまう可能性は十分にあります。よって、第三者のパソコンでウェブメールのサービスを使う場合はログアウトをきちんと行ない、履歴やキャッシュの削除も徹底して行ないましょう。また、個人ではなく法人でサービスを利用するのであれば、法人向けウェブメールのサービスを利用しましょう。

法人向けウェブメールのサービス

法人向けウェブメールのサービスは、基本的に様々な端末に対応している他、情報漏えいやファイル流出の対策も万全の体制であるため、安心安全にメールのやり取りができます。ウェブメールのサービスは多くの企業がサービスの提供を行っており、それぞれ強みが異なります。よって、様々なサービスを比較し、気に入ったサービスを使いましょう。

オンラインサービスのことをもっと知りたい方へ

郵便受け

ウェブメールのメリット

ファイル共有と同じく会社運営で重要になるのがウェブメールのサービスです。良く、メールソフトとウェブメールを混同している人がいますが、実際には少々サービス内容が異なります。ここでは、そんなウエブメールについての基本的なことを紹介していきます。

READ MORE
広告募集中